辛すぎる借金地獄!1円すら惜しい生活

家のお金のやり繰りを全て主人に任せていました。私は必要な食費のみをもらって生活していたのですが、その食費もたった3万円で、その中からトイレットペーパーや洗剤など、日用品も購入するように言われていました。そして余れば御小遣いにしていいと言われたのですが、毎月このお金でやり繰りするのが本当にきつかったのです。

御小遣いなんてあるはずもなく、毎月頑張って少しは残して、翌月のキツイ部分に回すという形で何とか生活していました。

しかし、子どもも生まれ、おむつ代やミルク代もその3万円で賄うように言われ、それは難しいとついに主人に相談することになったのです。これでは生活して行けない、と。

しかし、主人はもう毎月のお金は全て必要な引き落としで無くなっているから、自分もお小遣いなしで頑張っているんだと言うのです。

給料はそれほど低いはずでもないのに、それはおかしいと思い、こっそり調べることにしました。すると、あったはずの郵便局の定期がすべて解約されていたのです。そして通帳を確認すると、様々なローン会社からの引き落とし。

これはおかしいと主人を問いただすと、実はパチンコにはまり、貯蓄を全て使い切ってしまったというのです。更には足りないお金をローン会社から借りていると言うのです。その支払いに毎月追われていて、その支払いをなんとか賄うためにパチンコに行き、結局負けてしまうという生活を繰り返していたというのです。

愕然としました。私が今まで毎月どんな思いでやり繰りをしてきたのか、主人は知る由もなく、パチンコ三昧だったのです。

その後、借りたお金を返すために必死でした。まずはパートの仕事を探しながら、切り詰める部分は極力切り詰めていったのです。お風呂も2日に1回しか入らず、おかずは1品のみ、買いたいものなんて買えるはずがなく、買えたらいいなと思いながらウインドウショッピングをするのが、私の唯一の楽しみでした。

その後パートに出ることが出来たので、そのお給料で借金を返済しましたが、返済し終えるまで、タダ働き状態だったため、本当に辛かったです。あのころのことはあまり思いだしたくないほどです。